HandBrake 1.2.0がリリース、macOS Mojaveのダークモードをサポート

投稿日時:

HandBrake 1.2.0がリリース、macOS Mojaveのダークモードをサポート

The HandBrake Teamは2018年12月22日に「HandBrake 1.2.0」をリリースした。

本アップデートでは、macOS Mojaveのダークモード及びタッチバーのサポート、Amazon FireおよびGoogle Chromecastデバイス向けに新しく公式プリセットが追加された。さらにハードウェアアクセラレーションのサポート強化、さらに多くの変更や修正が行われている。

HandBrakeは動画ファイルをMPEG-4ビデオなどに変換できるエンコードソフト。macOS Yosemite以降で動作する。オープンソースで開発されMacやWindows、Linux向けにリリースされている。

HandBrake 1.2.0がリリース、macOS Mojaveのダークモードをサポート

HandBrake 1.2.0には導入済みの場合は本アプリからアップデートを行えるほか、公式Webサイトからダウンロードできる。なおバージョン1.0.0以前のHandBrakeからアップデートする場合は、カスタムしたプリセットを引き継がない可能性があるため事前に設定内容をメモするなどして対応して欲しい。