Microsoft「Microsoft Edge」のレンダリングエンジンをChromiumベースに変更、Mac版も登場か

投稿日時:

Microsoft「Microsoft Edge」のレンダリングエンジンをChromiumベースに変更、Mac版も登場か

Windowsの標準ブラウザ「Microsoft Edge」がMacにやってくるかもしれない。Microsoftが、同社のブログ「Windows Blogs」で「Microsoft Edge」ブラウザ(デスクトップ版)のレンダリングエンジンをChromiumベースに変更にするとし、macOSや他のプラットフォームについても言及した。

Chromiumベースの「Microsoft Edge」はプレビュー版が来年始めにリリース予定で、2019年中に「Windows 10」の「Microsoft Edge」がChromiumベースに移行する。

Chromiumベースになり、開発者負担が激減する

ブログ記事によると「Microsoft Edge」のレンダリングエンジン採用は、よりWeb標準に近づくため、他のWebブラウザの互換性の向上させ、Web開発者の負担を軽減させることが目的という。

Microsoftは「Internet Explorer」という、とてもWeb標準仕様とはいえなかったブラウザを過去のWindowsで標準採用していた黒歴史があり、Web開発者は他のWebブラウザとの互換性確保のため、非常に多くの労力をかけなければならなかった。

Web標準に近づいた「Microsoft Edge」が登場し、一定のシェアを確保した時は、ついにWindows向けにもWeb標準仕様で開発できる、特定のブラウザのためだけにソースコードを追加しなくてもよいと開発者は安堵したものだ。しかし相変わらず一部互換性が確保されておらず、シーンは減ったが「Microsoft Edge」のための特別対策を行う必要が希にある。

それがようやく事実上Web標準仕様とされているChromiumベースとなるのだ。開発者にとってこれほど嬉しいことはない。

マルチプラットフォーム化へ

「Chromium」はオープンソースでマルチプラットフォーム化されているため、「Microsoft Edge」がこのレンダリングエンジンに移行することで、マルチプラットフォーム化が容易になる。

実際にブログ記事ではマルチプラットフォーム化にも言及しており、Microsoftの意気込みが感じられる。明言はしていないが、恐らくここ1〜2年でMac版が登場するのではないだろうか。Webkitを利用しているiOS版についても、Chroniumベースに置き換わることだろう。

Webブラウザの多様化は縮小へ

Windows標準ブラウザがChromium化するのはユーザーにも開発者にもメリットがある反面、Webブラウザ自体の多様化が損なわれるデメリットがある。

以前に独自レンダリングエンジンを搭載していたOperaもChromium化してしまったし、現状メジャーなレンダリングエンジンはMicrosoft製を除くと「Chromium / Webkit」とFirefoxの「Gecko / Servo」しか残っていない。

「Internet Explorer」の「Trident」のような、Web標準仕様を無視したレンダリングエンジンの登場は困るが、例えばAppleがWebkitではない新たなレンダリングエンジンを開発し、MacやiOSに搭載したら非常に面白いことになるのではないだろうか。何よりも各レンダリングエンジンの開発競争が加速し、ユーザーはより多くの恩恵を受けられるはずだ。場合によっては将来のOSシェアを左右することになるかもしれない。

Webブラウザ市場が面白くなりそうだ

「Microsoft Edge」のChromium化は単なるWebブラウザの利便性向上だけではなく、マルチプラットフォーム化によってMicrosoft自体のブランド力もより向上すると予想する。ブラウザを制するのはWebを制するのだ。恐らく他社も負けじと活動を活発にさせるはず。Webブラウザ市場が今、非常に面白くなってきた。