Bootcamp アシスタントで「Windows 10 October 2018 Update」をインストールできない不具合

投稿日時:

Bootcamp アシスタントで「Windows 10 October 2018 Update」をインストールできない不具合

「Windows 10 October 2018 Update」のWindowsがインストールできない

Boot Campアシスタントを使用して「Windows 10 October 2018 Update」適応済みのWindows 10をインストールする際にアプリケーションがフリーズしたり、エラーメッセージが表示されインストールできない場合があるようだ。

この不具合は最新のmacOS Mojaveにアップデートすることで回避することができるが、最新のmacOSにアップデートできない場合は、Boot Campアシスタントを利用して「Windows 10 April 2018 Update」をインストールすることで回避できる。

一度インストールを試しエラーでインストールできなかった場合は以下の手順を試して欲しい。

「Windows 10 April 2018 Update」をインストール後にアップデートする

  1. Microsoftの「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」に移動し、「エディションの選択」プルダウンから「Windows 10 April 2018 Update」を選択し「確認」ボタンをクリック。
  2. 「製品の言語の選択」からお使いの言語を選択し「確認」ボタンをクリックする。
  3. 「64-bit ダウンロード」をクリックする。(利用環境によっては32-btを選択する)
  4. ディスクユーティリティを開く
  5. ディスクユーティリティのメニューより「パーティション作成」ボタンをクリックする。
  6. 表示されるグラフで「OSXRESERVED」を選択して削除する。
  7. 同じグラフで「BOOTCAMP」を選択して削除する。
  8. 「適応」をクリックし、「パーティション」をクリックして確認する。
  9. Bootcamp アシスタントを開き「Windows 10 April 2018 Update」のISOファイルを指定してWindows 10をインストールする。
  10. インストール完了したら、Windows Updateを使用して「Windows 10 October 2018」にアップデートする。