Macアプリレビュー「Screenshot Plus」シンプルで効率的なスクリーンショットアプリ

投稿日時:

Macアプリレビュー:Screenshot Plus —シンプルで効率的なスクリーンショットアプリ

2018年9月にリリースされた「macOS Mojave」でOSレベルでスクリーンショット機能が拡充されたことは記憶に新しいが、万人向けに設計されているため、どうしても細かい所に手が届かないと感じているユーザーは私だけではないはずだ。

macOS Mojaveがリリースされた後、しばらくはOSのスクリーンショット機能に頼っていたが、どうしても多くのキャプチャを行う場合に効率が悪く、仕方なく以前から使用しているアプリ「Screenshot Plus」を改めて導入した。久しぶりに利用する本アプリだが、やはりmacOS Mojaveのスクリーンショット機能と比べると使い勝手がよく、改めて導入するメリットが見えてきたため、この機会にレビューすることにする。

「macOS Mojave」スクリーンショット機能の問題点

たまに利用する程度では問題ないが、日常キャプチャを多々行う場合、どうしても「macOS Mojave」スクリーンショット機能は効率性が悪い。現時点で私が感じている問題点は以下だ。

  • ウィンドウのキャプチャをショートカット1回でキャプチャできない(全体・範囲のキャプチャは可能)
  • 保存する画像フォーマットを指定できない
  • 余計なプレビュー機能
  • 動作が遅い

特に「ウィンドウキャプチャ」は一番利用するため、1回でキャプチャできるショートカットが用意されていないのはキツい面がある。

なおOS標準でキャプチャする場合は「Command + Shift + 4」を押して「範囲キャプチャ」機能を呼び出した後に「スペースキー」を押すことで「ウィンドウキャプチャ」機能を呼び出すことが可能だが、どうしても2ステップ必要となる。

また、キャプチャした画像を加工なしで利用したい場合に「JPEG」フォーマットで保存できないのも不満だ。特にキャプチャ画像をそのままWebにアップロードしたりメール添付する場合はファイル容量を気にする必要があり、OS標準のPNG形式では使い勝手が悪い。

細かいカスタマイズが可能な「Screenshot Plus」

Screenshot Plus

「Screenshot Plus」はキャプチャ方法や保存形式を細かく設定することができるため、自分好みにカスタマイズして利用することができる。

起動するとメニューバーにカメラアイコンが出現し、クリックして表示されるメニューから「全画面」「時間差全画面」「ウインドウ」「範囲」の基本的なキャプチャを素早く行うことが可能だ。しかし初期設定の場合はショートカットがなにも登録されておらず、保存画像形式も「PNG」となっているため、これらを変更する場合は「ワークフローの管理」を開いて各フローの設定を行う必要がある。

「ワークフロー」を極めて自分好みにカスタマイズしよう

Screenshot Plus ワークフロー

「ワークフロー」とは、各キャプチャの流れのことで、個々のワークフローごとにファイル名やキャプチャ方法、ショートカット、保存先、画像フォーマット、キャプチャ後に開くアプリの指定やクリップボードへのコピー有無など、非常に細かく設定することが可能だ。

初期設定では「全画面」「時間差全画面」「ウィンドウを選択」「画像をドラッグ」の4種類が登録されている。このワークフローの設定を変更するのもいいし、新たにワークフローを追加し設定することもできる。つまり利用シーンにより、複数のワークフローを登録しておき、ショートカットを割り振っておけば、1ステップで素早く自分好みのキャプチャを行えるのだ。

ファイル名までカスタマイズできる!

Screenshot Plus ファイル名

面白いのが、保存時のファイル名を細かくカスタマイズできる点だ。時刻の挿入はもちろん、スクリーンショットの画像サイズや、ファイルサイズを名称に挿入することができるため、大量のスクリーンショットを撮りソートする必要がある場合などに重宝しそうだ。

基本的な設定は「設定・・・」から

Screenshot Plus 設定・・・

「設定・・・」では、キャプチャ音の有無、ログイン時の自動起動、スクリーンショット時のカーソルの有無、スクリーンショット時に本アプリの非表示、時間差スクリーンショット時の遅延時間など、基本的な設定を行うことができる。

素早く効率的にスクリーンショットを

「Screenshot Plus」はカスタマイズ性は非常に高いが、共有機能や描写機能などの派手な付加機能は一切ない。しかし本来の純粋なキャプチャ機能を徹底的に煮詰めて使いやすくした印象で、そのためか非常に軽快に動作するため、常駐アプリとしては非常にありがたい。

共有や編集機能が必要な場合は、ワークフローでキャプチャ時に転送するアプリケーションを設定しておくことで対応可能だ。例えばキャプチャ後にがっつり編集したい場合は、転送先アプリケーションに「Photoshop」を指定しておく。するとキャプチャ後にすぐに「Photoshop」が立ち上がり、編集可能となるため非常に効率がよい。

Mac App Storeで「¥240」で販売中

本アプリは「Hyrax Inc.」が開発するmacOS向けスクリーンショットアプリで、OS X 10.7 以降、64ビットプロセッサで動作する。Mac App Storeで「¥240」(2018年12月15日現在)で発売中だ。