Apple、雑誌読み放題サービスをNewsアプリに統合し2019年春に米国で提供開始か

投稿日時:

Appleが雑誌読み放題サービスを2019年春に米国で開始か

ブルームバーグによると、Appleが今春に買収した雑誌購読サービスの「Texture」をベースとしたサブスクリプションサービスを、2019年春に米国で提供予定と伝えている。

「Newsアプリ」と統合し月額9.99$で展開か

既存の雑誌読み放題サービス「Texture」はApple買収後でもサービスは継続しており、「National Geographic」や「WIRED」などの主要雑誌を含む約200誌を月額9.99$で無制限に閲覧することができる。現在Appleは「Texture」に「Wall Street Journal」や「New York Times」のような主要新聞へ参加を呼びかけ、デザインの改良をしようとしている。

この「Texture」をさらに既存の「Newsアプリ」に統合し、引き続き月額9.99$で提供しようと準備しているようだ。「Newsアプリ」はiOSやmacOSに標準的に搭載されているため影響力が大きい。もし実現した場合は既存の雑誌読み放題サービス市場に大きなインパクトを与えることは確実だ。

「Newsアプリ」は日本のユーザーにもアプリ自体の提供はされているが(macOS版のみ)、配信コンテンツは英語のみで、日本語の配信が開始される兆候はない。そのため米国で「雑誌読み放題サービス」が開始されても、日本のサービス展開はしばらくはないだろうと考えられる。

Appleは「Apple Music」で音楽聴き放題定額制サービスで一定の成功を収めた実績があるが、「Apple Books」は健闘はしているが大成功とは言いがたい。果たして雑誌コンテンツで活路を見いだせるのであろうか。今後の動向に注視したい。