iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

投稿日時:

iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

Appleから間もなく発表される「iOS 13」には、macOS MojaveのようなUI全体を暗くする「ダークモード」が搭載されるとウワサされている。コンセプト動画等が多く作成され盛り上がりを見せている「ダークモード」だが、一体どのようなUIになるのだろうか。Apple系メディアの9to5Macが「iOS 13」のスクリーンショットを多数リークしているので見ていこうと思う。

「iOS 13」のダークモード

iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

ダークモードに変更するには「設定」アプリ、またはコントロールセンターのオプションで行う。ダークモードに切り替えたホーム画面はそれほど変化はないが、よく見るとドックの背面が従来の透明なホワイトからブラックに変更されているのがわかる。

iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

「ミュージック」アプリは真っ黒な背景になり、iOSのダークモードはmacOS Mojaveのようなグレイに近いブラックではなく、どちらかというとTwitterのような漆黒ダークモードだ。最新のiPhoneなどに採用されているOLED(有機EL)ディスプレイは黒部分は発光させる必要がないため省電力に貢献するばかりか、従来の液晶ディスプレイと比べても黒の表現に優れているメリットがある。

漆黒ダークモードは現在様々なアプリが導入しているダークモードのトレンドだ。Appleも「乗るしかない、このビッグウェーブに」といった具合だろうか。

iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

一番右のスクリーンショットを見てみよう。これはスクリーンショットを撮った後に現れる画像編集画面だが、スクリーンショット背面が黒いぼかしに変更されている。従来はホワイト一色だったためビジュアル感が強化された。

「リマインダー」アプリが一新、「iPhone / 友達を探す」アプリの統合も

ダークモードは関係ないが、iOS13ではこの編集画面をiPadで表示した場合に下記のようなドラッグで移動可能なトレイに変更された。

iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

iOS 13では、「リマインダー」アプリが大幅に一新される。下記はiPadで「スピリットビュー」機能を用いて「カレンダー」アプリと同時に表示させているが、「リマインダー」のサイドバーに「Today」「Scheduled」「Flagged」「All」の大きめなボックスが設置、その下に「My Lists」としてユーザーが作成したリストが表示され、タップでコンテンツ表示エリアに表示させる項目を簡単に切り替えられるようになっている。

iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

「iPhoneを探す」「友達を探す」アプリの統合も進んで「Find My」アプリとなる模様だ。iPadではこれら2つのアプリ機能が「Find My」アプリ単体に統合されているとのことだが、恐らくiPhoneでも全機能が今後利用可能になると思われる。

iOS 13のスクリーンショットがリーク、ダークモードの暗さ具合やリマインダーの進化を確認

Source & Photo: 9to5Mac