Apple、次期「MacBook Pro(16インチ)」と「iPad Pro」のディスプレイ供給についてSamsungと交渉中か

投稿日時:

Apple、次期「MacBook Pro(16インチ)」と「iPad Pro」のディスプレイ供給についてSamsungと交渉中か

Appleが次期「MacBook Pro」と「iPad Pro」のディスプレイの供給についてSamsungと交渉中との情報が入ってきた。韓国メディアのThe Elecによると、AppleとSamsungは次期「MacBook Pro(16インチ)」と「iPad Pro」のOLED(有機EL)ディスプレイ供給について交渉しているという。

2019年発売のMacBook Proに採用か、16インチモデルが登場?

次期「MacBook Pro(16インチ)」の情報はあまり出回っておらず、多くはAppleの著名アナリストMing-Chi Kuo氏の情報に頼らないとならない。Kuo氏によると、2019年発売の次期MacBook Proは既存のモデルからデザインが一新されるという。その後ミニLEDバックライトを搭載した15インチから17インチのMacBook Proが2021年前半に発売すると述べていた。

次期「iPad Pro」についても、Kuo氏は2019年の第4四半期〜2020年の第1四半期に2タイプを投入すると予想しているが、どのディスプレイを採用するかは明言していない。他には2020年後半から2021年前半にミニLEDを搭載したモデルが登場予定と述べていた。

OLEDを採用し、将来的にはミニLEDに移行か

これらの情報から、2019年中には新しいOLEDを搭載したMacBook Proが発売され、2019年後半から2020年前半にかけてOLEDのiPad Proが発売、その後順次ミニLEDに移行するという流れが予想出来る。ミニLEDはOLEDの対抗馬といわれているが、まだ成熟した技術とは言えず、普及するには時間がかかると見られている。その間のつなぎとしてOLEDを採用しコストが落ち着くのを待つ・・・という戦略かもしれない。

Source: MacRumors, The Elec