次期iPhoneと思われる11モデルがユーラシア経済委員会のデータベースに登録か

投稿日時:

次期iPhoneと思われる11モデルがユーラシア経済委員会のデータベースに登録か

次期iPhoneと思われるモデルがユーラシア経済委員会(ECC)のデータベースに登録されているとMySmartPriceが伝えている。

iOSを搭載したApple製品11モデルが新たに登録へ

ロシア、ベルラーシ、カザフスタンからなる経済圏の執行機関「ユーラシア経済委員会」のデータベースに新たに登録されたのは、11の新しいiPhoneと思われるモデルで、A2111、A2160、A2161、A2215、A2216、A2217、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223の計11モデルだ。これらのモデルはiOSを搭載しており、時期的にも今年の秋に発売予定の次期iPhoneの可能性が非常に高い。

次期iPhoneと思われる11モデルがユーラシア経済委員会のデータベースに登録か

今年のiPhoneは「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の後継モデルが登場すると予想されており、これらの11モデル全て、あるいは一部が新型iPhoneだと思われる。

なお、このデータベースによると、これらのモデルに搭載されるOSは iOS 12 と表記されている。これは「iOS 13」が未だ発表されていないため、暫定的に iOS 12 として申請したのではないかと思われる。

Source & Photo: MySmartPrice