「iPhone XI(iPhone 11)」の新しいコンセプト動画が公開、側面まで描写範囲を拡大した「フルエッジディスプレイ」搭載

投稿日時:

「iPhone XI(iPhone 11)」の新しいコンセプト動画が公開、側面まで描写範囲を拡大した「フルエッジディスプレイ」搭載

2019年発売の「iPhone XI(iPhone 11)」の新しいコンセプト動画「iPhone 11 – Innovative Display」が公開された。

公開したのは、コンセプト動画の投稿でおなじみのConceptsiPhone。制作したのはHasan Kaymak氏とRan Avni氏で、なんと側面までディスプレイ化された「フルエッジディスプレイ」を搭載した「iPhone XI(iPhone 11)」を描いている。コンセプトのスペックは以下の通りだ。

  • 6.4インチ フルエッジディスプレイ
  • 背面4眼カメラ(8K・120fps)
  • 前面13メガピクセルカメラ(非表示)
  • A13 Bionicチップ
  • iOS 13搭載

側面まで描写範囲を拡大したフルエッジディスプレイ

本動画で一際目を引くのは、ベゼルレスのみならず側面まで描写エリアを拡大した「フルエッジディスプレイ」だ。この映像はインパクト半端ない。まさに未来のデバイスというイメージだ。

「iPhone XI(iPhone 11)」の新しいコンセプト動画が公開、側面まで描写範囲を拡大した「フルエッジディスプレイ」搭載

側面にはショートカットアイコン、反対側にバーチャルボリュームを搭載。アプリ側でもボタンや機能を自由に設置できるようになるかもしれない。

「iPhone XI(iPhone 11)」の新しいコンセプト動画が公開、側面まで描写範囲を拡大した「フルエッジディスプレイ」搭載 「iPhone XI(iPhone 11)」の新しいコンセプト動画が公開、側面まで描写範囲を拡大した「フルエッジディスプレイ」搭載

4眼カメラユニットは縦長でスタイリッシュ

背面の4眼カメラは縦長のカメラユニットに納められており、ほぼ搭載が確定されている3眼カメラの不細工なカメラユニットと比較すると、非常にスタイリッシュでカッコイイ。

「iPhone XI(iPhone 11)」の新しいコンセプト動画が公開、側面まで描写範囲を拡大した「フルエッジディスプレイ」搭載

今回公開された動画は「iPhone 11」というよりも「iPhone 13」ぐらいではないかと思うぐらい直近で実現出来そうもないディスプレイが搭載されている。個人的には折りたたみディスプレイよりも、この「フルエッジディスプレイ」を搭載してくれたほうが嬉しいのだが、皆さんはいかがだろうか。

Source: ConceptsiPhone