「Microsoft Edge for Mac 」のプレビュービルドが公開、Mac向けに大改修された本命Webブラウザ

投稿日時:

「Microsoft Edge for Mac 」のプレビュービルドが公開、Mac向けに大改修された本命Webブラウザ

Microsoftが、新たにChromiumベースとして作り直した「Microsoft Edge for Mac」のプレビュービルドを正式に公開した。

単なるWindows版の移植ではない!Mac向けに様々なUIや機能が追加調整

今回提供されたのは「Canaryチャンネル」のビルドで、ほぼ毎日更新される開発途上バージョン。「Microsoft Edge Insider Channels」ページにて公開されており、既にダウンロードが可能だ。

「Microsoft Edge for Mac 」は、Windows向けに提供されているMicrosoft EdgeのレンダリングエンジンをChromiumに切り替える方針になったことで開発が実現したWebブラウザで、フォントやメニュー、ショートカット、タイトルの大文字小文字の区別などがMac向けに調整されており、単にWindows版を移植しただけではないことが伺える。

「Microsoft Edge for Mac 」のプレビュービルドが公開、Mac向けに大改修された本命Webブラウザ

また「Touch Bar」のコントロール、トラックパッドのジェスチャーコントロールに対応。さらにmacOS Mojaveのダークモードにも対応するなど、Mac向けに相当カスタムされており非常に好感が持てる。

「Microsoft Edge for Mac 」のプレビュービルドが公開、Mac向けに大改修された本命Webブラウザ

今後、複数のチャンネルでビルドを公開

Microsoft Edge Insider Channelsは、Canaryチャンネル以外にも6週間ごとに更新されるBetaチャンネル、毎週更新されるDevチャンネルが用意されており、もう間もなくDevチャンネルでも配信が予定されている。

Source & Photo: Microsoft Edge Blog