Instagramの個人情報が流出か、マーケティング情報4,900万件以上を含んだデータベースが野ざらしに

投稿日時:

Instagramの個人情報が流出か、マーケティング情報4,900万件以上を含んだデータベースが野ざらしに

Instagramの4,900万件以上の個人情報が流出しているとTechCrunchが報じている。

Instagramの4,900万件以上の個人情報が誰でもアクセス可能に

問題となっているのはInstagramのインフルエンサーや有名人、ブランドアカウントのデータが保存されたデータベースで、Amazon Web Serviceでホストされており、なんとパスワード無しで公開され誰でもアクセス可能になっていた。データベースにはプロフィール写真やフォロワー数、所在地、メールアドレス、連絡先などが含まれており、確認されているだけでも4,900万件以上と膨大な数に上る。同データベースは既にアクセスできなくなっている。

このデータベースを調査していくと、インドのマーケティング会社「Chtrbox」にたどり着く。Chtrboxはこのデータベースに記録されていたユーザーに報酬を支払い、契約スポンサーのコンテンツを掲載してもらっていたという。

データベースには、フォロワー数、エンゲージメント、リーチ、Like、シェアを基に各アカウントの価値を算出したレコードが含まれていた。

Instagramを運営するFacebookは今回の騒動に対し「(データ元は)Instagramや他のソースからのものかどうかを調査している。Chtrboxについてもデータ収集元とデータベースが公開された経緯を問い合わせている。」と発表した。

Source: TechCrunch