Google、HUAWEI製スマートフォンをAndroidから閉め出しか、一部ビジネス停止と報道

投稿日時:

Google、HUAWEI製スマートフォンをAndroidから閉め出しか、一部ビジネス停止と報道

米中貿易戦争や米国市場でのHUAWEI締め出しが加速する中、どうやらGoogleも今後HUAWEI製品をAndroid市場から閉め出す方針を固めたようだ。

今後の新製品に限り、Google製アプリやサービスが利用不可に

GoogleはHUAWEIへのソフトの提供などの一部ビジネスを停止したとロイターが報じている。この影響でGoogleとの契約が必要な「Google Play」や「Gmail」「YouTube」「Chrome」などの製品が利用できなくなる可能性がある。

ただしGoogle担当者によると、既にこれらのアプリがインストールされたスマートフォンは引き続きアプリのアップデートやセキュリティアップデートが可能になると述べており、影響は今後HUAWEIから発売される新製品に限定される模様。

またAndroidはiOSと違い複数のアプリストアを利用出来ることから、Google Playから閉め出されたとしても代替アプリを他のストアから調達可能なのと、多くの主要なGoogleサービスは中国市場で閉め出されているため、中国国内では直近で大きな影響を受けるとは考えられない。しかし海外市場ではGoogleサービスに大きく依存しているため影響は甚大だ。

しかも今後HUAWEIは新製品にAndroidの最新版を搭載出来なくなるため(オープンソースで公開されているAndroidは導入可能)、実質的に中国市場以外ではAndroidスマートフォンの開発競争から脱落することになるのではないだろうか。

米国の輸出制限がついにOSに

本件はGoogle製品の実質的な輸出制限で、今まではハード製品の輸出制限が注目されていたが、OSの輸出制限までも米国がしかけてきたことを意味する。特に大部分の中華製スマートフォンが採用するAndroidの輸出制限は相当インパクトを与えること必至だ。輸出制限がHUAWEI以外の企業にも及んだ場合、中国のスマートフォンメーカーは甚大な損害を被ることになるだろう。

なお、HUAWEIはAndroidに替わる独自OSを開発しているとのウワサがあり、既にアリババ・グループは独自OSを搭載した製品を出荷しているとの情報もある。今回のようなリスクを抑える必要から、中国市場のスマートフォンは独自OS開発の道へ突き進むのだろうか。

Source: ロイター