Apple、一般ユーザー向けに「macOS Mojave 10.14.5」をリリース、新元号対応やAirPlay 2の機能を追加へ

投稿日時:

Apple、一般ユーザー向けに「macOS Mojave 10.14.5」をリリース、新元号対応やAirPlay 2の機能を追加へ

Appleは5月14日、一般ユーザー向けに「macOS Mojave 10.14.5」をリリースした。前バージョンから約1か月半ぶりのアップデートだ。

「macOS Mojave 10.14.5」では、新元号の「令和」に対応ビデオや写真、音楽などのMacからAirPlay 2対応のスマートテレビにダイレクトに共有できるようになり、MacBook Pro(2018)のオーディオ遅延の改善特定のアプリの書類のレンダリング不具合などが解消されている。

「macOS Mojave 10.14.5」にアップデートするには、「システム環境設定」の[ソフトウェア・アップデート]から行うことが可能だ。

macOS Mojave 10.14.5アップデートでは、お使いのMacの安定性と信頼性が改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

  • ビデオ、写真、ミュージックなどをMacからAirPlay 2対応のスマートテレビにダイレクトに共有するAirPlay 2の機能を追加
  • 和暦の元号“令和”に対応
  • 2018年に投入されたMacBook Proでのオーディオ遅延を改善
  • 特定の非常に大きなOmniOutlinerおよびOmniPlanの書類が適切にレンダリングされない問題を修正