「WordPress 5.2」がリリース、リカバリーモードを新たに搭載しサイトヘルス機能を強化

投稿日時:

「WordPress 5.2」がリリース、リカバリーモードを新たに搭載しサイトヘルス機能を強化

オープンソースのCMS「WordPress 5.2」が現地時間2019年5月7日にリリースされた。前バージョンの「5.1.1」から約2か月ぶりにアップデートとなった。

リカバリーモードで不具合の修正が容易に

「WordPress 5.2」では、新たにリカバリー機能を搭載し、WordPressになにか問題が生じた場合でも、リカバリーモードとして動作させることで簡単に修正できるようになった。このリカバリーモードでは、問題の原因となっているプラグインなどの情報を表示してくれるため修正が容易となる。

サイトヘルス機能が拡張、問題点の指摘やサイト情報が閲覧可能に

さらにWordPress 5.1で導入された「サイトヘルス」に、インストールしているWordPressやサーバの問題点を指摘してくれる機能が追加された。管理画面の [ツール]→[サイトヘルス] にアクセスすることで閲覧可能だ。

「WordPress 5.2」がリリース、リカバリーモードを新たに搭載しサイトヘルス機能を強化

サポートするPHPバージョンが引き上げに

最近WordPressはサポートするPHPバージョンを引き上げ続けている。「WordPress 5.2」ではついに「PHP 5.6.20」以上のサポートに引き上げられた。なおPHPのセキュリティサポートが受けられるのは、2019年5月の段階で「PHP 7.1」以上だ。WordPressの配慮に甘えずに、是非最低でも7.1までアップデートしておきたい。

その他多くの機能追加や改善、バグを修正

その他、アクセシビリティの向上や管理画面アイコンのアップデート、開発者向けの追加機能、バグ修正等多くの変更が行われているため、可能な限りアップデートすることをおすすめする。

「WordPress 5.2」はWordPress.orgからダウンロードできるほか、WordPressの管理画面から更新可能。自動バックグラウンド更新は今回は適応外のため、手動でアップデートする必要がある。

Source: WordPress.org