ゆうちょ銀行が「ゆうちょPay」サービスを開始、登録で現金500円プレゼントキャンペーンを実施中

投稿日時:

ゆうちょPay

ゆうちょ銀行がQRコード決済サービス「ゆうちょPay」の提供を本日5月8日より開始した。合わせて登録することで現金500円をプレゼントするキャンペーンを実施している。

流行のQRコード決済サービスにゆうちょ銀行が参入

同サービスは今流行のQRコードを用いた電子決済サービスで、対応する店舗で支払時にアプリ上に表示するQRコードを読み取らせることで、登録したゆうちょ口座から支払することができる。

現状は「ヤマダ電機」「ツクモ」「ケーズデンキ」などの家電量販店や「ウェルシア」「HAC」などのドラッグストアなどの支払に対応。今後は「松屋」や「ミニストップ」「東急ハンズ」など、利用可能店舗を随時増やす予定だ。

払込取扱票(請求書)や駅券売機で現金引き落としに対応

払込取扱票(請求書)は、ゆうちょPayのロゴとQRコードの記載があるものに対応。東急電鉄(東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線)の駅券売機で現金の引き落としが出来るサービスも利用出来るなど、他のQRコード決済サービスと差別化を図っている。

先着100万人限定、500円プレゼントキャンペーン実施中

ゆうちょ銀行はデビューキャンペーンとして、先着100万人限定でアプリの初期設定を済ませたユーザーの口座に、現金500円をプレゼントするキャンペーンを実施中(9月30日まで)だ。

ゆうちょ銀行が「ゆうちょPay」サービスを開始、登録で現金500円プレゼントキャンペーンを実施中

アプリはiOS、Android向けに公開されており、それぞれのアプリストアで無料でダウンロードすることが出来る。ゆうちょ銀行口座と非常に相性がいい決済サービスのため、同口座を利用の方は登録してみてはいかがだろうか。