iFixitが「iPad mini(第5世代)」分解レポートを公開へ

投稿日時:

iFixitが「iPad mini(第5世代)」分解レポートを公開へ

iFixitが恒例の「iPad mini(第5世代)」の分解レポートを公開している。

外観はiPad mini 4とほぼ変わらず、内部は大きく進化

「iPad mini(第5世代)」はiPad mini 4と比べ、外観こそあまり変更はないが、内部で様々な変更が加えられている。特に大きな変更はチップセットにNeural Engineを搭載した「A12 Bionicチップ」を採用している点だ。これによりiPad mini 4よりも最大3倍高速化している。

外観だけを見ると「iPad Air(第3世代)」の小型版に見えるが、X線で判断するとiPad mini 4のアップデート版のようだ。旧モデルとデザインがほぼ同じのため、ぱっと見分けるのが難しいが、背面の刻印部分で見分けることが可能だ。新モデルはモデル名が「A2133」と記載され、認証登録マークがごっそり削除されている。

iFixitが「iPad mini(第5世代)」分解レポートを公開へ

やはり分解は難しい!内部構造は前モデルから変化

Apple製品は分解が困難な製品が多いことで有名だが、「iPad mini(第5世代)」も例外ではないようだ。

分解して内部をみていくと、始めに目に付くのが内部大部分を占めているバッテリーだ。19.32 Whバッテリーを搭載しており、これはiPad mini 4と同じ容量。iPad(第6世代)の32.9 Whより少ないが、Galaxy Note 9の15.4 Whよりも大きい。

iFixitが「iPad mini(第5世代)」分解レポートを公開へ

前面カメラモジュール、環境光センサー位置やサイズが若干変更され、マイクセットの位置も変更されているのがわかる。

「iPad mini(第5世代)」のホームボタン部分はTouch ID認証に対応しているが、この部分はiPhoneなどと比べると、構造的に劣っているようだ。

iFixitが「iPad mini(第5世代)」分解レポートを公開へ

ロジックボードにはSamsung製の3GB RAMを搭載し、その上に「A12 Bionicチップ」が重ねられて配置されている。ストレージは東芝製の64GBフラッシュメモリを搭載(64GBモデルの場合)。

iFixitが「iPad mini(第5世代)」分解レポートを公開へ

修理しやすさスコア、10点中2点!

注目のiFixitが評価する修理しやすさスコアは、10点中「2点」だった。1種類のフィリップスドライバーで全てのネジに対応できるところ、大部分のコンポーネントはモジュール式でそれぞれ交換できることは評価しているが、Lightningポートがロジックボードに直付けされている点、電池交換の困難さ、多くの部品やケーブルが接着剤で止められている点、ホームボタンの取り外し困難な点で大きくスコアを落とした模様だ。

iFixitが「iPad mini(第5世代)」分解レポートを公開へ

Source & Photo: iFixit