Apple、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」を発表、2019年秋にサービス開始

投稿日時:

Apple、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」を発表、2019年秋にサービス開始

Appleは3月26日、スペシャルイベント「It’s show time.」で、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」を発表した。

100以上のゲームがプレイし放題

「Apple Arcade」は月額料金を支払うことで、Appleが用意したゲームをプレイし放題になるサービスで、2019年秋にリリースを予定している。現時点で価格は不明だ。

Annapurna Interactive、Bossa Studios、カートゥーンネットワーク、Finji、Giant Squid、KleiEntertainment、コナミ、LEGO、株式会社ミストウォーカー、SEGA、Snowman、ustwogamesなどのデベロッパーから、100を超える新作ゲームが提供されると発表している。

Apple、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」を発表、2019年秋にサービス開始

iOSだけではなく、MacやApple TVでもプレイ可能に

全てのゲームが制限なし、広告表示なし、アプリ内課金なし、ファミリー共有可でプレイ可能。またiOSデバイスだけではなく、MacやApple TVでもプレイできるようになるため、iPhoneで始めたゲームをMacから途中で再開するようなことが可能になる。

「Apple Arcade」は今年の秋に、日本を含む150ヶ国以上で提供される。App Storeに「Apple Arcade」のタブが追加され、iOS、macOS、tvOSから利用可能になる。

Apple公式サイトの「Apple Arcade」ページでは、配信予定の一部ゲームが紹介されているため、気になる方はチェックしてみてほしい。