Apple、動画配信サービス「Apple TV+」を発表、2019年秋にサービス開始

投稿日時:

Apple、動画配信サービス「Apple TV+」を発表、2019年秋にサービス開始

Appleは3月26日、スペシャルイベント「It’s show time.」で、動画配信サービス「Apple TV+」を発表した。

Appleオリジナル制作の動画を配信

「Apple TV+」は月額料金を払うことで動画が見放題になるサービスで、Appleオリジナル制作のテレビ番組、映画、ドキュメンタリーを広告なしのオンデマンドで配信。2019年秋に提供開始予定だ。日本でも提供される模様で、Apple公式サイトでは「Apple TV+」ページが公開されている。

本サービスは、Appleが5月に提供する「Apple TV アプリケーション」から視聴するスタイルになる。このアプリはiOSデバイス、Mac、Apple TV、スマートTV向けに提供される予定で、「Apple TV+」のみならず、様々なチャンネルへ登録、視聴が可能になる総合動画視聴アプリになる模様だ。

Apple、動画配信サービス「Apple TV+」を発表、2019年秋にサービス開始

番組制作には、超著名アーティストが多数参加

Appleオリジナル制作の動画は、オプラ・ウィンフリー、スティーヴン・スピルバーグ、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、オクタヴィア・スペンサー、J・J・エイブラムス、ジェイソン・モモア、M・ナイト・シャマラン、ジョン・M・チュウなど、世界で活躍するアーティスト達により新規に制作される。

「Apple TV+」は、現時点で月額料金を払うことでAppleオリジナルの動画を無制限で視聴できる事以外、詳しい事はわかっていないが、ローンチが近づくにつれてリーク情報が増えてくると思われる。