Apple、一般ユーザー向けに「macOS Mojave 10.14.4」をリリース、Safariに多くの調整、バグ修正・改善へ

投稿日時:

Apple、一般ユーザー向けに「macOS Mojave 10.14.4」をリリース、Safariに多くの調整、バグ修正・改善へ

Appleは3月26日、一般ユーザー向けに「macOS Mojave 10.14.4」を正式リリースした。

「macOS Mojave 10.14.4」では、多くのバグ修正、改善が行われている。特にSafariの変更が多く、Webサイトのダークモードへの対応ログイン関連の簡素化プッシュ通知パネルの表示方法変更非SSLページが読み込まれた場合の警告表示Do Not Track機能の排除など多義に渡る。

先日発表された「Air Pods(第2世代)」への対応や、メッセージアプリ、iTunes、アクティビティモニタにも変更が加えられているほか、様々な不具合改善が行われているためmacOS Mojaveユーザーには必須アップデートだ。

リリースノートは以下の通り。

macOS Mojave 10.14.4アップデートにはバグ修正および改善が含まれ、お使いのMacの安定性および信頼性が改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。

Safari

  • カスタムカラー設定に対応しているWebサイトでダークモードに対応
  • パスワード自動入力に資格情報を登録した場合はWebサイトへのログインを簡素化
  • プッシュ通知の送信を許可するかどうか尋ねるパネルを、Webサイトで操作を行った後にのみ表示
  • セキュリティ保護されていないWebページが読み込まれた場合に警告を追加
  • 有効性を失った”Do Not Track”標準機能を排除。今後はIntelligent Tracking Prevention (インテリジェントトラッキング防止機能)によりサイト越えトラッキングがデフォルトで防止されます

iTunes

  • Apple Musicで、“見つける”タブの1ページに、エディターからのより多くのお勧め情報を表示。新しいミュージックやプレイリストなどの発見が容易になります

AirPods

  • 新しいAirPods(第2世代)に対応

その他

  • “マップ”で米国、英国、およびインドの空気質指標に対応
  • “メッセージ”の録音品質が向上
  • アクティビティモニタで外部GPUへの対応を強化
  • App Storeで最新バージョンのPages、Keynote、Numbers、iMovie、およびGarageBandを入手できない場合がある問題を修正
  • 2018年に投入されたMacBook Air、MacBook Pro、およびMac miniでUSBオーディオデバイスを使用したときの信頼性が向上
  • MacBook Air(Fall 2018)のデフォルトの画面の明るさを修正
  • 一部の外部ディスプレイをMac mini(2018)に接続した際に起こることがあるグラフィックの互換性の問題を修正
  • macOS Mojaveへのアップデート後に起こることがあるWi-Fi接続の問題を解決
  • Exchangeアカウントを追加し直すと“インターネットアカウント”に表示されなくなることがある問題を修正
  • “メール”でAOLユーザのパスワードが頻繁に求められることがある問題を修正

「macOS Mojave 10.14.4」にアップデートするには、「システム環境設定」の[ソフトウェア・アップデート]から行うことが可能だ。