Apple Japan、日本国内に80万人以上の雇用を生み出したと発表

投稿日時:

Apple Japan、日本国内に80万人以上の雇用を生み出したと発表

Apple Japanは、過去35年間で日本国内に80万人以上の雇用を生み出した発表している。

Appleが創出した雇用の72%がApp Store関連

発表によると、日本のApplen社員が4,000人、日本を拠点とするサプライヤーの雇用が220,000人、App Storeのエコシステム関連の雇用で576,000人合計80万人の雇用を創出したと発表した。

注目すべきはApp Store関連で雇用の72%が占めている点だ。Appleが他社に先駆けて開始したスマートフォン及びPCにおけるApp Storeは、ユーザーに最新のアプリを届けやすく購買の活性化をもたらした。結果アプリ市場が盛り上がり、ユーザー、デベロッパー双方に非常に有意義な循環を確立しているが、このエコシステムがいかにうまく機能しているかが、この数字から垣間見ることが出来る。

日本のApple社員は2010年以降400%の増加率

さらにAppleの社員の雇用は、設計から科学、製造、小売り、サポート、マーケティング、エンジニアなど幅広い分野に広まっており、さらに雇用送出は加速しているとし、2010年以降、Appleの日本における社員の増加率は400%としている。

Source: Apple Japan