macOSとiOSが本格統合開始? アプリの同時開発が可能になるSDKを配布か

投稿日時:

macOSとiOSが本格統合開始? アプリの同時開発が可能になるSDKを配布か

AppleMaciOSアプリを同時開発する環境を整備しているとBloombergが伝えている。

2021年にはMaciPhoneiPadアプリが統合か

関係者によると、Appleは同社が配布するアプリ開発するソフトウェア開発キット(SDK)により、MaciOSアプリの同時開発を可能にするという。これはコードネーム「マジパン」と呼ばれており、まずは2020年にiPhoneアプリをMacアプリに変換できるようにする計画のようだ。

さらに翌年の2021年にはMaciPhoneiPadアプリが1つにまとめられるようになる。開発したアプリは、Mac App StoreiOS App Storeへの申請はそれぞれ行わなければならないが、ソースコードを共有できることから開発者の負担が相当軽減されることになる。

早ければ今年6月に開催されるWWDC 2019で新しいSDKをリリースする予定だ。

MaciOSが本格統合の兆し?

これが実現すると、ますますMaciOSの垣根が取り払われることになり、かねてからウワサされているmacOSiOSの統合の布石になる可能性はある。ただしAppleは以前にOSの統合を否定しており、CPUアーキテクチャの相違より直近の統合は難しいと考えられていた。しかしMacをARMベースのプロセッサに移行する計画もウワサされており、もしかしたら本当に統合されてしまうかもしれない。

Source: Bloomberg