Apple、2019年発売の「MacBook Pro」は新デザインで登場か、最大16.5インチのモデルが登場?

投稿日時:

Apple、2019年発売の「MacBook Pro」は新デザインで登場か、最大16.5インチのモデルが登場?

どうやら今年発売される「MacBook Pro」は期待できるようだ! MacRumorsによると、2019年に発売されるMacBook Proは「デザイン」と「ディスプレイサイズ」が一新されるかもしれないと伝えている。

大型MacBook Proが復活か、新デザインに夢を膨らませよう

Appleの著名アナリストMing-Chi Kuo氏によると、2019年に発売されるMacBook Proは16〜16.5インチのディスプレイを備え新デザインで登場するという。現行のデザインは2020年まで継続使用されると予測されていたが、今年新デザインが採用された場合、2年半ぶりの新設計になる模様だ。また13インチモデルには32GB RAMのオプションが追加されるかもしれないという。

16.5インチのディスプレイは現在Appleが発売されているラップトップの中で最大サイズになる。MacBook Proは2012年に17インチモデルが発売されていたが、廃止されて以来大サイズのディスプレイ搭載のモデルは販売されていなかった。

MacBook Proはこの他にも「Face ID」や「タッチパネル」のテスト実施のウワサがある。もしかしたら今年発売のMacBook Proには、Touch IDのようにiOSデバイスで養われた技術が導入されるのかもしれない。

Source: MacRumors