Mac解凍アプリ「The Unarchiver」がバージョンアップしダークモードに対応へ

投稿日時:

Mac解凍アプリ「The Unarchiver」がバージョンアップしダークモードに対応へ

2月14日に定番Mac解凍アプリ「The Unarchiver」が4.1.0にバージョンアップし、macOS Mojaveのダークモードに対応した。また大部分のアーカイブの抽出速度が大幅に向上し解凍速度がアップしているほか、様々な不具合が解消されている。

定番解凍アプリがついにダークモードに対応し解凍速度も向上!

「The Unarchiver」は定番の圧縮ファーマットZipやRAR、7-zip、Tar、Gzip、Bzip2などはもちろん、sit、lzhなどの古いフォーマットやISO、BIN、EXEファイルまで幅広く対応。これ1本で概ね解凍するのに困ることはない実力派アプリだ。

Mac解凍アプリ「The Unarchiver」がバージョンアップしダークモードに対応へ

以前のバージョンまではエンコードの検出に問題があり、日本語(Shift JIS)ファイル名のZipファイルは都度エンコード指定しないとファイル名が文字化けしまっていた。本バージョンはエンコード検出が改善されているようで、一部ファイルでは相変わらずエンコードの指定ダイアログは表示されるものの、最初から「日本語(Shift JIS)」が選択されるようになったため、解凍がかなり楽になった。(圧縮環境により左右される可能性あり)

「The Unarchiver」はMacPaw Inc. が開発するOS X 10.7 以降、64ビットプロセッサで動作するMacアプリで、Mac App Storeから無料でダウンロードすることができる。