「AirPods 2」はブラックカラーが追加、新コーティングが採用され、音質を含め内部もアップグレードか

投稿日時:

「AirPods 2」はブラックカラーが追加、新コーティングが採用され、音質を含め内部もアップグレードか

最近、世代交代のウワサが絶えない「AirPod 2」だが、MySmartPriceが興味深い記事を掲載している。

AirPods 2は、ホワイト・ブラックの2カラー展開、新コーティング採用か

記事によると「AirPod 2」は現在のホワイトに「ブラック」が追加され、2カラー展開になるという。これでようやく「耳からうどんが垂れ下がってる」と揶揄されることも少なくなりそうだ。なお自分も「うどん」が気になってAirPodsの購入は控えており、ブラックが発売されたら購入してしまうかもしれない。

「AirPods 2」はブラックカラーが追加、新コーティングが採用され、音質を含め内部もアップグレードか

外観は現行の「AirPod」と変更はないが、新コーティングが施されるようだ。先日Droid Shoutは、2019年発売の次期iPhone(iPhone XI)にはグリップ性が向上した、傷に強い新しいコーティングを採用すると伝えていることから、同じコーティングが採用される可能性が高い。

Phoneなどの大型デバイスと比べ、イヤホンは小型のためよく落としてしまう確率は高い。特に追加される「ブラック」が光沢だった場合は、落としてしまった場合、傷が非常に目立って悲しい思いをしてしまう・・・。本コーティングがどれだけ傷防止に役立つかはわからないが、Appleのこのような細かい配慮は実に嬉しい。

Bluetooth 5.0を採用し、低音が強化、センサーを追加搭載

「AirPods 2」はブラックカラーが追加、新コーティングが採用され、音質を含め内部もアップグレードか

「AirPod 2」は様々な内部アップグレードも施される。まず「Bluetooth 5.0 」の「Low Energy」に対応する。これにより音の途切れが軽減されるほか、バッテリ消費量の低減が期待できる。なお現行のAirPodsが採用するBluetoothのバージョンは公表されていないが、4.2と推測される。

内蔵するバッテリーのサイズは変わらないが、低音が強化され、今以上に多くのセンサーが搭載されるようだ。追加されるセンサーは心拍数をカウントするなどのヘルスケア関連センサーの可能性があるという。

なお「iOS 12.2 beta 1」のAirPodsのセットアップ画面には、音声アシスタント「Siri」に対応するような表示が確認されている。もしかしたら追加されるセンターとSiriを組み合わせることで様々な機能にアクセス可能になるかもしれない。

さすがに価格据え置きは難しい? 約40ドル値上げか

さすがにこれだけアップグレードを行った場合、販売価格も今まで通りとはいかないようで、現行の159ドルから「200ドル」前後になると予想されている。現在も比較的高価格帯のイヤホンだったが、完全に高級路線に突き進むのだろうか。例えば現行のAirPodsも併売して、予算に応じて選択できるよう配慮してもらいたい。

「AirPod 2」の発売時期は相変わらず不明だが、2019年中の発売が期待できるようだ。

Source: MySmartPrice