次期iPhone(iPhone XI)は、新コーティング採用、XR後継機にグリーンカラーが追加、USB-C採用か、価格は据え置き?

投稿日時:

次期iPhoneの上位機種はカメラ画素数アップか、Lightningポートは継続?

2019年発売の次期iPhone(iPhone XI)について新情報をDroid Shoutが伝えている。

ノッチレスは期待できない、新しいコーティングを採用し、コネクタがついにUSB-C

情報源によると、Appleは2019年に新しいiPhoneを3モデル発売する予定で、そのうち2モデルが2018年同様に有機ELディスプレイ(OLED)を搭載する。iPhone XRの後継機(iPhone XIR)はiPhone XS Maxの後継機(iPhone XI Max)よりも広いノッチになると思われるが、小さいノッチのプロトタイプも確認されているようだ。

そしてグリップ性が向上した、傷に強い新しいコーティングが施され、ついにLightningコネクタがUSB-Cに置き換わるようだ。しかしコネクタの変更に関しては100%確信が持てないとしている。

iPhone XRの後継機のカラーラインナップに「グリーン」が追加

さらにiPhone XRの後継機のカラーに「グリーン」が追加されると自信を持って伝えている。つまり「カワサキ」モデルがついに登場してしまうのかもしれない。個人的には是非「(PRODUCT)RED」のように特別モデルとして発売して欲しい。

販売価格は据え置き?

販売価格について、2018年のiPhoneと価格の変更は行わないと情報筋は述べているという。しかし最近AppleはiPhone販売不振のため中国市場で卸売価格を引き下げた結果、売上が急回復しているほか、ティム・クックCEOは「ドル基準ではなく各市場の現地通貨でiPhone価格を設定する。」と述べていることから、アメリカ市場以外で販売価格が据え置かれる可能性は低いと考えられる。

最後に、今年のiPhone発売は9月には間に合わないだろうと述べており、iPhone XRのように一部モデル、または全てのモデルが9月以降の出荷になるかもしれない。

この情報を紹介しているBCRによると、Droid ShoutはiPhoneの報道については実績がないため信憑性は低いとし、万が一本当だった場合は新型iPhone SEの登場に希望を託すしかないだろうと悲観的なコメントをしている。

Source: Droid Shout, BCR