iPhoneの平均買い換え期間、2019年には4年サイクルまで伸びる可能性

投稿日時:

iPhoneの平均買い換え期間、2019年には4年サイクルまで伸びる可能性

9to5Macによると、SacconaghiのアナリストToni Sacconaghi氏が投資家向けに公開したメモで、2018年はiPhoneの買い換え期間は平均3年だったが、2019年には4年にまで伸びるだろうと予想している。

2018年は平均3年、2019年には4年まで伸びる

2018年にiPhoneのシェアは9%増加したが、2019年は出荷台数は19%減少し、買い換え期間も長くなると述べ、2019年はiPhoneは約16%のユーザーが買い換えると予想。つまり今年秋に発売される新型iPhoneは、例年通りの買い換え需要を喚起できないようだ。

Appleのティム・クックCEOも2018年9月の新型iPhone発表時に「地球環境のため長く使って欲しい」と記者団に語っており、Apple自身も当時は買い換え促進にあまり積極的姿勢を見せていなかった。

買い換えに頼らない、サービス分野で成長を目指す?

Appleが先日公開した第1四半期のiPhoneの売上台数は減少したが、その他の製品、特にサービス分野では引き続き躍進しており、iPhoneの売上台数に過度に頼らなくてもユーザーファーストを心がけることで成長できると踏んでいる可能性がある。

今年の新型iPhoneでは5Gはサポートしない可能性が高く、撮影性能以外にユーザーに目新しさをアピールするのは難しいとみられることから、Appleは今年はじっと耐え忍び、翌年2020年発売のiPhoneで一気に買い換え喚起策を講じてくるのかもしれない。

Source: 9to5Mac