Apple「Safari Technology Preview 75」をリリース、トラッキング防止を求めるDo Not Trackのサポートを打ち切りへ

投稿日時:

Apple「Safari Technology Preview 75」をリリース、トラッキング防止を求めるDo Not Trackのサポートを打ち切りへ

Appleが現地時間の2019年2月5日に、次期Safariの開発途上バージョン「Safari Technology Preview」のリリース75を「macOS Mojave」と「High Sierra」向けにリリースした。

本バージョンでは「WebRTC」「Intelligent Tracking Prevention」「Web Authentication」「Media」「Accessibility」「Layout」「Web API」「WebDriver」「Web Inspector」「CSS」等で、多くの機能追加やバグフィックス、パフォーマンスの向上及び変更が行われている。

また、今回のバージョンでは「Do Not Track」のサポートを打ち切った。これによりSafariからWebサイトにトラッキング防止の要求が送信されなくなる。

「Safari Technology Preview」は開発者及び一般ユーザーにも提供することで、幅広いフィードバックを得ることを目的としたSafariの開発途上版バージョンで、一度導入するとMac App Store経由でアップデートすることができるため常に最新の状態で利用することが可能だ。なお本バージョンでは日本語は提供されていない。