eGPUのグラフィック性能を比較、AMD Radeon RX 580ではMacBook Pro 15インチと比べ、約2倍の性能向上

投稿日時:

eGPUのグラフィック性能を比較、AMD Radeon RX 580ではMacBook Pro 15インチと比べ、約2倍の性能向上

Appleが「macOS High Sierra」でサポートした外部GPUことeGPUだが、果たしてどれほどグラフィックパフォーマンスが向上するのだろうか。今回Geekbenchからスコアを収集し、各GPUのパフォーマンスを比較しグラフ化してみた。

eGPU導入でグラフィック性能を強化、macOS自体も限定的だが動作向上が期待できる

eGPUのグラフィック性能を比較、AMD Radeon RX 580ではMacBook Pro 15インチと比べ、約2倍の性能向上

eGPUを導入した場合「Metal」「OpenGL」「OpenCL」を扱うアプリのパフォーマンスが強化されるため、グラフィック性能を駆使するアプリやmacOSの「MIssion Control」の動作向上が期待できる。また接続するeGPUによるが、複数のディスプレイを接続しオペレーション環境を強化することが可能だ。

つまり、グラフィックアプリやゲームを日常的に利用するユーザー、大量のウインドウを表示し「Mission Control」を多用するユーザー、複数のディスプレイを接続したいユーザーには導入するメリットは大きいと言える。

AppleがeGPUでサポートしているGPU

Radeon RX Vega 56

現在Appleがサポートを表明しているeGPUに搭載するGPUで、一般的なプロセッサは以下のとおり。

  • AMD Radeon RX 470
  • AMD Radeon RX 570
  • AMD Radeon RX 480
  • AMD Radeon RX 580
  • AMD Radeon RX Vega 56
  • AMD Radeon RX Vega 64

なお上記プロセッサ意外にも、以下の特殊用途向けGPUがサポートされているが、今回は比較対象から外している。

  • AMD Radeon Pro WX 7100
  • AMD Radeon Pro WX 9100
  • AMD Vega Frontier Edition Air

これらのGPUをeGPUに内蔵した場合、どれぐらいパフォーマンスが向上するのだろうか。今回はGeekbenchから「2.6HGz 6コア Intel Core i7 プロセッサ」を搭載した「MacBook Pro(15-inch Mid 2018)」に、eGPUを接続したと思われるベンチマークをピックアップし、パフォーマンスが一番高いスコアを集計した。(eGPUのモデル、メモリ搭載量は考慮していない)

また参考として、現在発売されているMacBook ProとiMacのベンチマークも付与してある。(Metalスコアについては収集できる範囲で掲載)

やはり効果が高いeGPU、MacBook Pro 13インチのパフォーマンス底上げは凄まじい

eGPUのグラフィック性能を比較、AMD Radeon RX 580ではMacBook Pro 15インチと比べ、約2倍の性能向上

eGPUのグラフィック性能を比較、AMD Radeon RX 580ではMacBook Pro 15インチと比べ、約2倍の性能向上

結果、やはりeGPUによるグラフィックパフォーマンス向上は凄まじいものがある。OpenCLの場合、例えばコストパフォーマンスが優れた「AMD Radeon RX 470」をeGPUに積んだ場合、「AMD Radeon Pro 560X」を搭載したMacBook Pro 15インチに比べ「1.65倍」、「AMD Radeon RX 580」では「2.03倍」、「AMD Radeon RX Vega 64」の場合はなんと「2.54倍」もパフォーマンスが向上している。またMetalスコアでも同様の傾向が見られる。

eGPUに「AMD Radeon RX 580」を搭載することで、iMacの最上位機種に搭載されている「AMD Radeon Pro 580」に匹敵するグラフィック性能を獲得できるし、コストパフォーマンスを度外視し「AMD Radeon RX Vega 56」または「AMD Radeon RX Vega 64」を選択してしまえば、iMac以上のグラフィック性能環境を構築可能となる。

今回は「MacBook Pro 15インチ」のeGPUベンチマークをピックアップしたため、プロセッサ等の影響により同様のスコアは期待できないが、「MacBook Pro 13インチ」にeGPUを繋げた場合は、相当のグラフィック性能の底上げが期待できる。むしろ貧弱な「Intel Iris Plus Graphics」を搭載する「MacBook Pro 13インチ」のほうがeGPUの真価を発揮すると言えるだろう。