本人の同意なしに日本の捜査当局がiPhoneのロックを解除か、1台70万円で民間企業に委託

投稿日時:

本人の同意なしに日本の捜査当局がiPhoneのロックを解除か

2016年にFBIがAppleに事件協力を要請しiPhoneロックを要求したことがある。Appleは「本人の同意なしにロック解除はできない」と要請を拒否。結果FBIは多額の報酬を支払い、外部にロック解除を委託し解除に成功した。これは海外だけの出来事ではなく、日本でも同様の捜査が行われていたようだ。

1台70万円でロック解除を民間企業に委託

東京新聞の報道によると、2017年〜2018年にかけて国内3件の事件で日本の捜査当局がiPhoneのロック解除を外部委託し、本人の同意なしにロック解除していたことがわかった。

捜査関係者によると、ロック解除に成功したのは民間企業のIT機器メーカー「サン電子」のイスラエル子会社「セレブライト」で、この会社は以前にもFBIの要請によりiPhoneのロック解除に協力したとウワサがある。なお解除報酬は1台あたり70万円程度としている。

スマートフォンからのデータ取得は捜査に不可欠になっているが、捜査外の個人情報にもアクセス可能になってしまうため、本人の同意なしのロック解除は日本でも議論を呼ぶ可能性があると東京新聞は警鐘を鳴らしている。

Source: 東京新聞