Apple TVとHomePodの利益率は悪い、赤字の可能性も

投稿日時:

Apple TVとHomePadの利益率は悪い、赤字の可能性も

Apple TV」と「HomePod」の収益率は非常に悪いらしい。いやむしろ赤字の可能性があるとJohn Gruber氏のポッドキャスト「The Talk Show」のなかで明らかにした。

高利益率で有名のAppleが利益無視で販売している?

Apple TV 4K 32GBモデルは米国では179ドル〜、HomePodは349ドルで販売されているが、John Gruber氏の情報筋によると、これらのデバイスはこの価格設定では全く利益が出ていないと述べている。

Apple TV 4Kでは、コストの大部分を占めている「A10チップ」の価格が約26ドルだと考えられており、最終的な製造コストは「180ドル」に達するため、全く利益が出ていないどころか赤字状態。HomePodは詳細はわからないが、大きな損失ではないが利益は出てないという。

John Gruber氏はApple製品の平均的な利益率は38〜39%で非常に高い。そのなかApple TVとHomePodが利益なしで販売していることに驚きだ。

有料コンテンツ販売で回収?将来のための先行投資?

Appleがこれらの製品を利益無視で販売しているのはなぜだろうか。

一つは有料コンテンツの販売で利益を上げているため、ハードウェアは利益度外視で販売している可能性だ。これらの製品は一度販売すれば「Apple Music」や「有料映像コンテンツ」などで利益を生み続けられるため、製品価格を下げて多くのユーザーに製品を届け、将来的に回収できると見込んでいるのではないだろうか。

もう一つは技術革新や量産効果により将来的に製造コストが下がり、最終的に利益を生み出せると踏んでいる可能性だ。最近のiPhoneは例外として、基本的にApple製品は販売途中で価格改正を行わず高価格のまま販売し続ける傾向がある。製造コスト低下の効果と高価格を維持することで、将来的に利益を生み出す製品に変貌する可能性はゼロではないだろう。もしくは次世代デバイスで十分回収できると見込んでいるのかもしれない。

Source: 9to5Mac