信憑性は低いが「iOS 13」では「iPhone 6s」や「iPad mini 4」までの旧モデルのサポートを打ち切るウワサ

投稿日時:

信憑性は低いが「iOS 13」では「iPhone 6s」や「iPad mini 4」までの旧モデルのサポートを打ち切るウワサ

現在Appleが開発中の「iOS 13」では一部の旧iPhoneとiPadのサポートを打ち切る予定だとThe Verifierが報じている。

「iOS 13」は旧モデルをバッサリと切り捨てる?

報道では開発中の「iOS 13」は毎年の恒例行事であるWWDC 2019で発表される予定で、現在「iOS 13」の開発はほぼ完了しているという。この新iOSは2019年9月に新しいiPhoneと同時にリリースされる。その中で「iOS 13」はiPhoneとiPadの一部モデルのサポートを打ち切る可能性があるとし、以下のモデルが該当すると述べている。

iPhone

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s

iPad

  • iPad mini 2
  • iPad mini 3
  • iPad mini 4
  • iPad Air
  • iPad Air 2

iPod

  • iPod touch(第6世代)

さらに「iPhone 7 / 7 Plus」「iPhone 8 / 8 Plus」ではiOS 13の新機能の一部がサポートされず、1世代前の「iPhone X」でさえも買い替え需要を喚起するため、一部機能の制限がかかるようだ。また2019年10月に開発者向けにリリース予定の「iOS 13.1」では、今年発売予定の次期iPhone(iPhone XI)専用の機能が提供される予定だという。

この報道に対しMacRumorsは「一度に3世代ものiPhoneのサポートを打ち切るのはありそうもない」と述べ、さらに「情報の出所や入手経緯などが明記されていない」と手厳しい。

本情報はあまり鵜呑みにせず、参考情報程度に留めておくのがよいようだ。

Source: The VerifierMacRumors