Bloomberg、2019・2020年発売のiPhone最新情報を報じる、来年は強力な3Dカメラを搭載しAR機能を強化したiPhoneが登場?

投稿日時:

Bloomberg、2019・2020年発売のiPhone最新情報を報じる、来年は強力な3Dカメラを搭載しAR機能を強化したiPhoneが登場?

Bloombergが非常に興味深い記事を掲載している。記事によると2019年発売の次期iPhoneはウワサ通り3眼レンズを搭載すると述べており、さらに2020年発売の次期iPhoneについても大胆に詳細を報じている。

今年発売の次期iPhone(iPhone XI)

今年秋に発売されるiPhoneは、現行の「iPhone XS / XS Max」と「iPhone XR」がアップデートされる見通しで、最上位機種(恐らく iPhone XS Maxの後継機)には、ウワサ通り3眼レンズが搭載されるという。

3眼レンズを搭載したカメラにより視野角が広くなり、今まで以上にズームできるようになる。また画素数もアップするため、ピントが外れてしまった写真もAppleの技術により自動的にピントを合わせ直すことが可能になるかもしれない。また写真の前後の動きやサウンドを保存できる「Live Photos」機能も再生秒数を現在の3秒から6秒に倍増する計画もあるという。

3眼レンズを搭載しないその他のモデルでも、カメラ機能がアップグレードされる可能性があると述べており、これは恐らくウワサされている画素数の底上げや、フロントカメラ(TrueDepthカメラ)のアップグレードのことではないだろうか。

Bloomberg、2019・2020年発売のiPhone最新情報を報じる、来年は強力な3Dカメラを搭載しAR機能を強化したiPhoneが登場?

詳しくは述べてはいないが、2019年発売のiPhoneはプロセッサも更新される。そしてコネクタのUSB-C化もテストしていると報じており、もし今年のモデルでUSB-Cが採用されなかった場合でも、後日発売されるモデルで最終的にUSB-Cに切り替える計画のようだ。また「5G」の対応は見送られる模様。

2020年発売の次期iPhone(iPhone XII)

来年発売される次期iPhoneについては、現実世界を3Dスキャンできるレーザー駆動の強力な3Dカメラを搭載するとしている。このカメラは約4.5m先までスキャン可能で、AR機能を強化し、正確な奥行きの計測と仮想オブジェクトを配置できるようになる。この新しい3Dカメラに搭載されるセンサーはSony製になるようで、すでに二社間の協議を開始していると伝えている。

Bloomberg、2019・2020年発売のiPhone最新情報を報じる、来年は強力な3Dカメラを搭載しAR機能を強化したiPhoneが登場?

2019年のiPhoneで見送られた「5G」に対応するのがこの2020年モデルとしており、対応するために大きな変更が生じるだろうとしている。この変更は外観的な変更か内部的な変更かはわからないが、どちらにしろ2020年のiPhoneは非常に面白くなりそうだ。

次期iPad Proは2020年に登場か、新型iPadも今年春に予想通り登場へ

次期iPad Proは2019年には登場せず、2020年春に持ち越されるようだ。そして2020年に発売されるiPhoneに搭載予定の強力な3Dカメラは、2020年発売のiPad Proに先行搭載されるかもしれないと述べている。

またウワサされているように、近々新型iPadの「iPad mini 5」「iPad(第7世代)」をリリース予定だとし、コネクタは引き続きLightningポートを搭載するようだ。「iPad(第7世代)」はプロセッサーをアップデート、10インチのディスプレイを搭載しコストパフォーマンスが優れたiPadになる。そして「iPad mini 5」についても従来のモデルよりも価格が抑えられるとみている。

Source: Bloomberg
Photo: ConceptsiPhone