「iOS 13」には「ダークモード」が搭載予定?一番の注目機能になる可能性

投稿日時:

「iOS 13」には「ダークモード」が搭載予定?一番の注目機能になる可能性

ここ最近新型iPhoneやiPadのウワサは絶えないが、WWDC 2019に発表される「iOS 13」はどのような機能の追加や改善が行われるのだろうか。Bloombergが興味深い記事を掲載した。

「iOS 13」でついに「ダークモード」を搭載?

次期iPhoneに関する記事の中で「iOS 13」に搭載される新機能について言及しており「ダークモード」の追加や「CarPlay」の改良が含まれると述べている。

「ダークモード」はmacOS Mojaveに導入されて以来、多くのユーザーに受け入れられており、その人気の高さからiOSにも導入されるのは自然の流れだ。「iOS 13」は以前からiPad向けの機能が大幅追加されると予想されており、iPhone向けアップデートは限定的になるとの見方が強かったが、「ダークモード」搭載となると話は違ってくる。

iOSデバイスで「ダークモード」が導入されるメリット

iOSデバイスで「ダークモード」を搭載するメリットは見た目以上になにがあるのだろうか。一つはバッテリー持ちがよくなること。iPhone XSやiPad Proに搭載されている有機ELディスプレイは、黒以外の色を発光させることで映像を映している。つまり画面上で黒が増えれば増えるだけ発光させる必要がなくなることになり、そのぶんディスプレーの電力消費が抑制されることになる。どれぐらいのバッテリー持ちが改善されるかはわからないが、ある程度の効果があるのではないだろうか。

また「ダークモード」のような暗い画面は、目の刺激が軽減されるメリットがあると言われている。Macのように大画面で操作する場合はあまりメリットを感じるシーンは少ないかもしれないが、小さいディスプレイを凝視しながら利用するiPhoneでは、もしかしたら目が疲れにくくなるかもしれない。

「WWDC 2019」を期待して待とう!

WWDC 2019はまだ日程は発表されていないが、例年通りならば夏前に開催され、そこで「iOS 13」が披露されることだろう。注目の「ダークモード」も確認できるかもしれない。

Source: Bloomberg