「FaceTime」で通話開始前に着信者の音声が聞こえてしまうバグが発覚、Appleはサービスを停止中、対応パッチを今週末配布へ

投稿日時:

「FaceTime」で通話開始前に着信者の音声が聞こえてしまうバグが発覚、Appleはサービスを停止中、対応パッチを今週末配布へ

Appleの「FaceTime」のグループ通話にバグが発見された。これは通話開始前から着信者の音声が発信者に聞こえてしまう問題で、SNSで話題が拡散している。

これは「FaceTime」の発信時に特定の操作を行うことで再現が可能で、条件が整えば動画さえも発信者側に配信されてしまう非常にクリティカルなバグだ。

Appleもこの問題を認識しているようで、一時的に「グループFaceTime」サービスを停止しており、この問題に対応したパッチを今週末にソフトウェアアップデートで配布する予定だ。