Microsoft「Microsoft Office 365」をMac App Storeで配信開始、各アプリは個別入手も可能

投稿日時:

Microsoft「Microsoft Office 365」をMac App Storeで配信開始、各アプリは個別入手も可能

Microsoftが「Microsoft Office 365」及び、バンドルされる各アプリそれぞれをMac App Storeで配信開始した。

ついにMac App Storeに登場したMicrosoftのOffice製品

本アプリはダウンロードは無料で行うことができるが、使用期間は一ヶ月に限られ、継続使用するにはアプリ内課金でサブスクリプション契約する必要がある。サブスクリプション契約は、Microsoft公式サイトで契約する「Office 365 Solo」と同金額の「12,800円/年」だ。

「Microsoft Office 365」にバンドルされているアプリは以下の通り。

  • Microsoft Word
  • Microsoft PowerPoint
  • Microsoft OneNote
  • Microsoft Excel
  • Microsoft Outlook
  • Microsoft OneDrive

なお「Microsoft OneNote」と「Microsoft OneDrive」は既に無料配布されていた。

Microsoft「Microsoft Office 365」をMac App Storeで配信開始、各アプリは個別入手も可能

ついに「Microsoft Office」が本格的にMac App Storeに進出してきた。つい最近まで同アプリストアのラインナップはマイナーアプリばかりだったが、急激にメジャーアプリが増加してきた印象だ。macOS MojaveでMac App Storeのデザインを変更するなど、Appleが相当力を入れているのも垣間見られる。今後も引き続きラインナップの拡充に努めて欲しい。