2016年以降のMacBook Proでバックライトの不具合報告が多発中、Appleの設計ミスか?

投稿日時:

2016年以降のMacBook Proでバックライトの不具合報告が多発中、Appleの設計ミスか?

2016年以降に発売されたMacBook Proでバックライトの問題が表面化し始めているようだ。MacBook Proの開け閉めを繰り返すことで、内蔵のフレックスケーブルが劣化・破損してしまい、ディスプレイが点灯しなくなる現象や、ディスプレイ下から小さな照明を複数照射されているように見える現象が多発しているとMacRumorsが報じている。

ディスプレイ部分を丸ごと交換、600ドルの修理コスト

iFixitによると、このフレックスケーブルはディスプレイに組み込まれているため、容易に交換することができず、アップルに修理依頼をする必要があると述べている。その場合最悪ディスプレイ部分ごと交換する必要があり、600ドルほどの費用がかかってしまうようだ。

2016年以降のMacBook Proでバックライトの不具合報告が多発中、Appleの設計ミスか?

さらに最悪なのが、この問題が表面化するまでに時間がかかるため、不具合が表面化した時はAppleのサポート期間外の場合が多い。「AppleCare+ for Mac」に加入しているユーザーは無料修理を受けられる可能性はあるが・・・。しかし、これはAppleの設計ミスの可能性が高いと思う。Appleは早急に該当ユーザーの救済体制を整えて欲しい。

Source & Photo: MacRumors