Apple「iPad mini 5」と「iPad(第7世代)」を2019年上半期に発売か

投稿日時:

Apple「iPad mini 5」と「iPad(第6世代)」を2019年上半期に発売か

Appleは今年の上半期(1〜6月)に少なくとも2つの「iPad」が発売するようだ。一つは昨年からウワサがある新型「iPad mini」と現在の「iPad」を据え置くモデルで、Appleのタッチスクリーンサプライヤが2種のiPad用のコンポーネントの供給準備をしていると、DIGITIMESが報じている。

新型「iPad mini」の登場は近い?価格を抑えて間もなく登場か

著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は、新型「iPad mini」の販売は近いと言っており、昨年末には価格を抑えた「iPad mini」の登場がウワサされ、専用クリアケースらしき画像予想レンダリング画像が出回っていた。

Appleは現在販売中の「iPad mini」を2015年9月に発売したが、その後新製品の投入はなく2年以上現役で発売されているため、長らくアップデートが待ち望まれていた。

スリムベゼルのiPadも発売か、第2世代「Apple Pencil」が利用可能に

新型「iPad」は10インチのディスプレイが搭載されるとし、現行の9.7インチモデルに置き換わる。「iPad Pro」のような薄型ベゼルが採用され、第2世代Apple Pencilが使えるようになるかもしれないと報じている。

これが本当だとすると「iPad」については順当なアップデートだ。恐らくスペックの底上げも行うだろうし、引き続きタブレット市場はAppleが牽引していくことだろう。

Source: 9to5Mac & DIGITIMES