次期iPhoneの上位機種はカメラ画素数アップか、Lightningポートは継続?

投稿日時:

次期iPhoneの上位機種はカメラ画素数アップか、Lightningポートは継続?

今年に入り2019年発売の次期iPhoneのリーク情報が次々と公開されているが、先日予想レンダリング画像を公開した著名リーカーのSteve H.McFly氏(@OnLeaks)とCompareRajaが、新たな次期iPhoneのスペック情報を公開した。

背面カメラ、フロントカメラは画素数アップ!

「iPhone XS Max / XS」の後継機とされるモデル(iPhone XI Max / XI)は、背面カメラが3眼レンズになると予想されているが、そのうちの2つが「14メガピクセル」「10メガピクセル」を搭載するとし、残り1つは現状わからない。なお現行モデルの「iPhone XS Max / XS」は、背面に2眼の12メガピクセルカメラ、フロントに7メガピクセルのカメラを搭載している。

次期iPhoneの上位機種はカメラ画素数アップか、Lightningポートは継続?

フロントカメラには「10メガピクセル」のセンサーが取り付けられ、Face ID認証に用いられている「TureDepthカメラシステム」に改良を加える計画があるという。著名アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、次期iPhoneはFace ID認証を改善するため「TureDepthカメラ」に新しいフラッドイルミネーターを搭載すると発表しており、フロントカメラの改良は信憑性が高そうだ。

内部構造が変更、Lightningポートは継続

背面カメラの位置が変更されることで、今後登場するiPhoneの内部構造が変更される。ロジックボードは初期iPhoneのようにバッテリー横に垂直配置されず、バッテリー上に配置されると予想している。また次期iPhoneは従来のLigntningポートから、USB-Cポートに移行するのではないかとウワサされているが、本リークによると採用を見送るとしている。

Source & Photo: CompareRaja