iOSアプリレビュー「Speedtest.net Speed Test」iPhoneでインターネット速度を測定しよう!

投稿日時:

iOSアプリレビュー「Speedtest.net Speed Test」iPhoneでインターネット速度を測定しよう!

先日レビューしたインターネット速度を測定するMacアプリ「Speedtest by Ookla」は、iOSアプリも提供されている。今回はそのiOSアプリである「Speedtest.net Speed Test」をレビューする。

iPhoneで手軽に通信速度を測定できる「Speedtest.net Speed Test」

「Speedtest.net Speed Test」は現在接続しているネットワークの速度を計測することができるiOSアプリだ。非常にシンプルに作られており、アプリを起動すると複雑な設定なしに即測定することができる。

アプリを起動して「スタート」ボタンをタップするだけで測定が開始され、始めに「Ping」と「ジッター」の計測、ダウンロード、アップロードの測定と続く。測定はMacアプリでも同様のスピードメーターとグラフで演出するが、リアルタイムで計測している感が感じられて非常に憎い。終了後に画面左下の「スタート」をタップすることで、再度測定を開始することができる。

iOSアプリレビュー「Speedtest.net Speed Test」iPhoneでインターネット速度を測定しよう!

なお「Ping」とは測定するサーバからの応答速度のことで、この値が小さければ小さいほど応答の反応が早い。「ジッター」はPingの変動値のことで、いわゆる応答速度のブレのことだ。値が小さいほど安定した通信を行っていることになる。Pingとジッターの値は「ミリ秒」の単位で表示されるが、この「ミリ秒」は1000分の1秒のこと。つまりPingが100の場合は、0.1秒の遅延が発生していることになる。

安定した通信環境ではあまり発生しないが「パケットロス」が計測されている場合、それは通信データが損失していることを示す。「パケットロス」が頻繁に発生している場合は一度通信環境を見直した方がよい。

履歴データを蓄積してデータを分析しよう

測定後に下部メニューの「結果」をタップすると履歴データが一覧で表示され、それぞれのデータをタップすることで詳細を表示させることができる。詳細ページでは測定した詳細データが表示される、グラフと共に各データを閲覧可能だ。一見地味だが、画面上部の「メモ」をタップすることで測定についてメモを残すことができるため、多くの測定を行う場合に活躍しそうだ。

iOSアプリレビュー「Speedtest.net Speed Test」iPhoneでインターネット速度を測定しよう!

このアプリを駆使して、よく利用するWi-Fiやデータ通信環境を測定し、快適にインターネットを利用できるポイントや時間帯を把握しておくのもいいのではないだろうか。

「Speedtest.net Speed Test」はiOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応するiOSアプリで、iOS App Storeから無料でダウンロードすることができる。