「RunCat」が2.0にバージョンアップ、新たにRunnerが追加されStoreが公開へ

投稿日時:

メニューバーに動物(Runner)が住み着き、CPU使用率を教えてくれるアプリ「RunCat」が2.0にバージョンアップした。

メニューバーに動物(Runner)が住み着き、CPU使用率を教えてくれるアプリ「RunCat」が2.0にバージョンアップした。

本アップデートでは、新しいRunnerが10体追加され、新しく「Runner Store」がオープン。有料Runnerを購入することができ、本日の段階で「Reindeer & Sleigh」と「Snowman」がそれぞれ1ドルで販売されている。

「RunCat」はT Nakamura氏が開発するフリーウェアで、macOS 10.12 以降の64ビットプロセッサを搭載するMacで動作する。先月公開されたバージョン「1.5」では、5つのランナーが追加され、メニューバーから展開したメニューでもCPU使用率を確認できるようになり、フォントが調整されていた。