iOS 12.1.2が適応されたiPhoneのバックアップデータを、iPadに復元ができない問題が地味に沸騰中

投稿日時:

iOS 12.1.2のiPhoneのバックアップデータを、iPadに復元ができない問題が地味に沸騰中

昨年末公開された「iOS 12.1.2」だが、このアップデートはiPhone向けのみの公開でiPad向けには提供されておらず、現時点でiPadの最新OSは「iOS 12.1.1」だ。この差異のせいで最新OSを搭載したiPhoneのバックアップから、iPadに復元できない問題が起きている。

iCloudのバックアップがバージョン差異により復元ができない

「iOS 12.1.2」にアップデートしたiPhoneのバックアップを通常ならiCloudに保存されるが、iPadにこのバックアップデータを適応しようとすると、iPad側のOSが「iOS 12.1.1」とバージョンが古いため、復元できないというロジックだ。

通常iOSのセットアップ画面は、始めにソフトウェアアップデートが行われ、iOSデバイス内のOSが古い場合は最新のOSにアップデートされる。しかしiPadをセットアップしソフトウェアアップデートを行った場合でも、iPad向けに「iOS 12.1.2」が提供されていないので「iOS 12.1.1」になってしまう。この問題を唯一解決する方法は、iPhoneを「iOS 12.1.2」にアップデートせずに「iOS 12.1.1」のまま使い続けるしかないようだ。

iPhone、iPadを所有しているユーザーは、しばらく「iOS 12.1.2」へのアップデートを見送るのがベストかもしれない。恐らくApple側もこの問題を認識しており、ウワサでは1月後半に「iOS 12.1.3」がリリースされる模様だ。

最近のAppleは何かがおかしい?

しかし今回の問題は「iOS 12.1.2」のリリースが急務だったとしても、非常に仕事がザツな感がある。最近の業績不振騒動やiPad Proの筐体湾曲問題と、最近のAppleは何かおかしい気がするのは私だけではないはずだ。

Source: 9to5Mac