次期「iPhone」をアナリストが予想、ノッチ縮小、Touch ID復活、USB-Cポート採用?

投稿日時:

次期「iPhone」をアナリストが予想、ノッチ縮小、Touch ID復活、USB-Cポート採用?

2019年に発売される次期「iPhone」について、アナリストの予想レポートがForbesに掲載されている。

ノッチを縮小しTouch IDを復活、さらにUSB-Cポート採用と予想

今回予想したのはAtherton ResearchのJean Baptiste “JB” Su氏で、今年発売される次期「iPhone」は、Lightningポートの代わりにUSB-Cポートを搭載、ノッチ(画面上部の出っ張り)が縮小され、ディスプレイに「Touch ID」が内蔵されると予想した。

ノッチの縮小は技術革新が進むことで実現できそうだが、認証システムは「Face ID」が担っている現状で、果たして「Touch ID」の復活は必要なのだろうか。確かに複数の認証システムを搭載することで認証精度を高めることはできるが、開発・製造コストを考えると実現の可能性は低いだろう。搭載は「Face ID」に致命的な問題が発覚された場合や、「Touch ID」の性能が圧倒的に勝った場合に限られるのではないか。

USB-Cポート採用についてはAppleは極力デバイス間のポートは統一させる傾向があり、実現の可能性は高そうだ。最近ではiPad Proに採用された実績もあり、Macにも標準搭載されている。

Source: Forbes